Vortex Crossfire vs Diamondback 双眼鏡:どっちがいい?

Harry Flores 01-08-2023
Harry Flores

この2つの双眼鏡を実際に使ってみて、それぞれの微妙な違いがわかりました。 どちらが自分に合っているかはご自身で判断していただくとして、ここではスペックや性能の違いをご紹介します。 さて、どちらがベストでしょう?

簡単な比較

イメージ 製品 詳細
トップピック ボルテックスオプティクス ダイヤモンドバック ルーフプリズム
  • より広い視野を確保
  • 近接撮影距離の短縮
  • 優れた耐候性
  • 価格を確認する
    ベストバリュー ボルテックスオプティクス クロスファイア ルーフプリズム
  • コストが大幅に削減できる
  • 落下からの保護
  • 良好な耐候性
  • 価格を確認する

    比較の概要

    ボルテックスの双眼鏡は、クロスファイアとダイヤモンドバックの2機種がありますが、価格帯は異なりますが、よく似ています。 ダイヤモンドバックは価格以上の価値があるのか、それともクロスファイアを購入した方が満足できるのか?

    ボルテックス・クロスファイアの簡単な概要

    CrossfireはDiamondbackより若干重く、かさばりますが、Crossfireシリーズの価格帯は、Diamondbackの同等モデルより50~100ドルお得です。 ほとんどのユーザーにとって、この節約は、Diamondbackにアップグレードすることで得られる最低限の性能向上以上の価値があると思います。

    クロスファイアのプロフェッショナル
    • ダイヤモンドバックよりはるかに安いコスト
    • 落下から守る頑丈なラバーアーマー
    • 窒素パージによる耐候性
    クロスファイアの欠点
    • 近接撮影距離が長い
    • 視野が狭い

    また、視野が広く、小型・軽量化されています。

    しかし、だからといってCrossfireを軽視することはできません。 Diamondbacksの方が若干スペックが高いとはいえ、決して圧倒的な差ではありません。 しかし、価格差はあります。 多くのマニアにとって、Crossfireが提供するスペックと性能は十分すぎるほどで、しかもコスト削減が可能なので、非常に魅力的な選択肢といえます。

    Vortex Diamondbackの簡単な説明

    ダイアモンドバックはクロスファイアより優れているのは間違いありません。 ダイアモンドバックシリーズは光学系が進化しているので、視野が広く、画像が明るいのです。 熟練したビノユーザーにとっては、この性能差は高い価格に値するかもしれません。 しかし、その差はわずかなので、一般のユーザーにとってはコスト差が大きすぎるのです。

    ダイヤモンドバックプロス
    • アルゴンパージによる優れた耐候性
    • 近接撮影距離の短縮
    • より広い視野を確保
    ダイヤモンドバックコンサ
    • クロスファイアよりはるかに高価

    両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

    この2つの双眼鏡は、一見すると何の違いもないように見えます。 スペックシート上でも、それほど大きな違いはありません。 しかし、この2つの双眼鏡には違いがあり、その違いによって、どちらかがあなたにとってより好ましいと思えるかもしれません。

    パフォーマンス

    エッジ:ダイヤモンドバック

    どんなに軽くて丈夫で魅力的な双眼鏡でも、遠くのものをはっきり見ることができなければ意味がないのです。

    この2つの双眼鏡はどちらも堅実な性能を持っていますが、DiamondbackはCrossfireに一歩リードしています。 まず、近接撮影距離から見てみましょう。

    • クローズフォーカス

    ダイヤモンドバックは5フィート、クロスファイアは6フィートとやや長めの焦点距離です。 数年前までは10フィート以内に焦点を合わせられる双眼鏡はなかなかなかったので、この2機種はどちらも健闘しています。 ただし、蝶など近くのものに焦点を合わせる必要がある場合は、ダイヤモンドバックが勝ります。

    • 視野の広さ

    この場合、Diamondbackの視野は330フィート、Crossfireの視野は325フィートです。 これは決して大きな差ではありませんが、Diamondbackが僅かながら勝利しています。

    耐久性

    エッジ:ダイヤモンドバック

    どちらの双眼鏡が持ちがいいのか? どちらも衝撃や反動に強いタフな作りなので、難しいところですが、最終的にはアルゴンパージでダイヤモンドバックが勝つでしょう。 でも、アルゴンパージってなんですか?

    アルゴンパージと窒素パージ

    双眼鏡の耐水性、耐候性を高めるために、レンズやシールをガスでパージします。 クロスファイアのように窒素を使用することが多いです。 これはパージと耐候性を高める方法としては全く問題ありませんが、最適とは言えません。

    しかし、アルゴンパージは窒素よりも分子が大きいため、衝撃が加わると窒素が漏れ出し、パージによる耐候性が低下してしまうのです。

    デザイン

    スライトエッジ:ダイヤモンドバック

    この2つの双眼鏡は非常によく似ていますが、いくつかのデザインの違いがあります。 例えば、どちらも落下や衝撃から保護する頑丈なラバーアーマーで覆われています。 しかし、ダイヤモンドバックは、最初の段階でこぼれを防ぐために、よりグリップがあります。

    ダイヤモンドバックは、クロスファイアより一回り小さく軽いので、持ち運びや収納がしやすいのですが、その差はわずかです。 ダイヤモンドバックはクロスファイアより1.7オンス軽いので、気にならないかもしれません。 でも、一回り小さいので、全体的にコンパクトな選択肢となります。

    価格

    エッジ:クロスファイア

    クロスファイアよりもレンズの強度の種類が多いのですが、同等品と比較すると、全体的にダイヤモンドバックの方が高価です。 クロスファイアと同等品では、ダイヤモンドバックの方が50~100ドルほど高くなります。 ダイヤモンドバックは種類が多いので、8×28モデルが最も安価ですが、価格の幅があります。

    関連記事

    150ドル以下の双眼鏡のおすすめは?

    ユーザーの声

    この2つの双眼鏡について、私たちの意見を聞いていただきましたが、実際に使ってみたのは私たちだけではありません。 私たちは、この双眼鏡をよりよく理解していただくために、インターネット上でレビューやフォーラムを検索し、フィールドでこの双眼鏡を使っている人たちの意見を聞いてきました。

    ビルドクオリティ

    関連項目: カリフォルニアの夜に鳴く鳥6選(写真付き)

    多くのユーザーが、この2つの双眼鏡の全体的な品質に感銘を受けたようです。 多くの人が、双眼鏡を落としてもほとんど影響がなかったと報告しています。 試すことはお勧めしませんが、さまざまな高さからの落下に耐えることが確認されています。

    視聴体験

    関連項目: 2023年版防水・防霧双眼鏡ベスト10 - レビュー&トップピック

    全体的な見え方については、多くのユーザーが「違いがない」と回答していますが、これは訓練されていない目によるものと思われます。 しかし、経験豊富なユーザーの中には、ダイヤモンドバックの方が色収差が少なく、ややクリアな映像であると、視覚的に違いを感じ取ることができる人もいました。

    低照度性能

    Diamondbackは、どんな光源でも拡大し、暗い場所でも見ることができる。 Crossfireは、Diamondbackに匹敵する低照度性能を持っているが、Diamondbackには及ばない。

    サイズと携帯性

    特に遠隔地で双眼鏡を長時間首から下げて使用する場合、多くのユーザーはよりコンパクトなダイヤモンドバックを好むようです。 クロスファイアのサイズと重量は、何マイルも走ると増えていきます。 ボルテックスは、双眼鏡を収納するために、ブランドのショルダーハーネスを用意しています。

    価格

    両者のユーザーから最も多く寄せられたのは、価格差と性能差はイコールではないという意見でした。 これらのユーザーは、Diamondbackの性能が目に見えて優れていても、Crossfireの方がコストパフォーマンスが高いと考えたようです。

    結論

    結局のところ、どちらの双眼鏡を選んでも間違いはありません。 どちらも高品質で価格も手ごろなため、長く愛用できる双眼鏡です。 しかし、どちらかを選ばなければならないので、どちらが良いかを考えてみましょう。

    クロスファイアは、多くの愛好家にとってより良い選択です。 特に、高価格のダイヤモンドバックの最小限の性能向上を考慮すると、低価格は多くの財布にとって快適です。 クロスファイアでは、頑丈な装甲と保護、十分な耐候性、そして非常に堅実な光学系を得ることができます。

    しかし、価格よりも性能を重視するのであれば、Diamondbackをお勧めします。 このペアは、より小さく、より軽く、視界がわずかに優れています。 アルゴンパージにより、低照度性能と耐候性に優れています。 毎日使うビノであれば、高い価格を払う価値がありますよ。

    ブログの新着記事です:

    • ポロプリズムとルーフプリズムの双眼鏡、どっちがいい?

    ヘッダー画像クレジット:CC0 Public Domain, Pxhere

    Harry Flores

    ハリー・フローレスは有名な作家であり、光学とバードウォッチングの世界を探索するのに数え切れないほどの時間を費やしてきた情熱的なバードウォッチャーです。太平洋岸北西部の小さな町の郊外で育ったハリーは、自然界に深い興味を抱きました。そして、その魅力は、彼が自分でアウトドアを探索し始めるにつれてさらに強くなりました。教育を終えた後、ハリーは野生動物保護団体で働き始めました。そのおかげで、ハリーは地球上で最も辺鄙でエキゾチックな場所をあちこち旅して、さまざまな鳥類を研究し、記録する機会を得ました。彼はこれらの旅中に光学の芸術と科学を発見し、すぐに夢中になりました。それ以来、ハリーは他の野鳥観察者がその経験を最大限に活用できるよう、双眼鏡、スコープ、カメラなどのさまざまな光学機器の研究とテストに何年も費やしてきました。光学と野鳥観察に関連するすべてのことに特化した彼のブログは、これらの魅力的なトピックについてもっと知りたいと世界中から読者を惹きつける情報の宝庫です。彼の膨大な知識と専門知識のおかげで、ハリーは光学と野鳥観察のコミュニティで尊敬される発言者となり、彼のアドバイスと推奨事項は初心者から経験豊富な鳥観察者まで同様に広く求められています。執筆やバードウォッチングをしていないときは、ハリーはたいてい見つけられますギアをいじったり、家で家族やペットと時間を過ごしたり。