5 Best Endoscopes for iPhone 2023 - Top Pick & Reviews

Harry Flores 28-09-2023
Harry Flores

内視鏡は、昔は専門家だけが使うものでしたが、今はスマホにつなぐだけで誰でも使える技術になっています。

この技術は多くの人にとって馴染みのないものなので、私たちはいくつかの製品をレビューし、皆さんが興味を持つと思われる5つの製品をリストアップしました。

製品の完全な理解のために、それぞれの長所と短所をお教えします。

2023年の「お気に入り」の比較:

イメージ 製品 詳細
ベストオーバーオール Foxnovo 1080PワイヤレスWiFi
  • LEDライト6個
  • CMOSセンサー
  • 5mm径ボロスコープ
  • 価格を確認する
    NIDAGE ワイヤレス
  • LED照明
  • 30fpsベロシティ
  • 1080P WiFiカメラ
  • 価格を確認する
    ベストバリュー SUKEY Wireless
  • セミ・リジッドケーブル
  • 1200P HDカメラ
  • 8段階のLED照明
  • 価格を確認する
    BlueFire セミリジットフレキシブルワイヤレス
  • ワイヤレス
  • 200万画素
  • CMOS HDカメラ
  • 価格を確認する
    AttoPro WiFi
  • HDカメラ
  • セミ・リジッドケーブル
  • 調整可能な6つのLEDライト
  • 価格を確認する

    iPhone用内視鏡のベスト5 - レビュー

    1.Foxnovo 1080P WiFi内視鏡 - 総合ベスト

    Optics Planetで価格を確認する Amazonで価格を確認する

    Foxnovo 10m 1080P Wireless WiFi Endoscopeは、750P出力に対応したHDカメラ、5.5mmボロスコープ、6つのLEDライトを搭載。 CMOSセンサーと特殊レンズを搭載し、最高品質で高精細な映像が得られます。

    Foxnovoは防水仕様なので、配管などに使用しても破損することはありません。 耐久性のある半硬質の蛇のようなケーブルで作られているので、見ているものを見るために必要なあらゆる角度に曲げることができます。 ケーブルを完全に伸ばした状態では、角度がうまく保持できないことがわかりました。 全体として、これは我々がテストした最高のiPhone用内視鏡と言えます。

    プロス
    • ワイヤレス
    • HDカメラ
    • 5mm径ボロスコープ
    • LEDライト6個
    • CMOSセンサー
    • ウォータープルーフ
    • セミ・リジッドケーブル
    コンサ
    • ケーブルがもう少し硬いといい

    2.ニダージュiPhone内視鏡

    Optics Planetで価格を確認する Amazonで価格を確認する

    NIDAGE ワイヤレス内視鏡は、セミリジッドケーブルに1080P WiFiカメラ、5.5mmボロスコープ、LED照明を搭載し、最高の画像を提供します。 また、30fpsの速度を持ち、自然振動を制御してより滑らかな画像を提供します。

    このカメラで撮影すると、どの解像度に設定しても同じような画像になります。 また、カメラから2~3センチ以上近づけると画像がぼやけます。 近づいて撮影する必要がある場合、このカメラで撮影すると、大体はわかりますが、細かい部分がよくわからなくなります。

    プロス
    • 1080P WiFiカメラ
    • 5mm径ボロスコープ
    • LED照明
    • 30fpsベロシティ
    • セミ・リジッドケーブル
    コンサ
    • 被写体をカメラに近づけると画像がぼやける
    • どのレベルの解像度も同じに見える

    3.SUKEYワイヤレス内視鏡カメラ ベストバリュー

    Optics Planetで価格を確認する Amazonで価格を確認する

    SUKEY Wirelessは、1200PのHDカメラで、8段階のLED照明で、見ているものの視認性を向上させます。 半硬質ケーブルを使用しており、狭い場所に入るには最適ですが、ケーブルがもう少し硬ければ、より曲げに耐えられるでしょう。

    この内視鏡はワイヤレスなので、どこでも簡単に使えますし、防水仕様なので水漏れなどの検査にも破損することなく使用できます。

    しかし、SUKEY Wirelessにはいくつか不満な点がありました。 説明書が最悪で、非常にわかりにくく、カメラを動作させるために行間を読んだり、いろいろ試したりしなければなりません。 一度動作させれば、アプリさえ動作すれば、素晴らしい小さなツールです。 アプリがまったく動作しない問題がいくつかありましたが、これは仕方ありません。iPhone用の内視鏡としては、コストパフォーマンスに優れていると思います。

    プロス
    • 1200P HDカメラ
    • 8段階のLED照明
    • セミ・リジッドケーブル
    • ウォータープルーフ
    • ワイヤレス
    コンサ
    • コードがもう少ししっかりしていれば
    • 指示不良
    • アプリが常に動作するわけではありません

    4.BlueFire社製 iPhone用フレキシブルワイヤレス内視鏡

    最新の価格を確認する

    BlueFireセミリジッドフレキシブルワイヤレス内視鏡は、解像度2メガピクセルのCMOS HDカメラと調整可能なLED照明です。 超長いセミリジッドケーブルを備えていますが、5フィートの距離を超えてあまり使用するには十分な固さがないことがわかりました。

    関連項目: 2023年版ベスト解剖顕微鏡5選 - レビュー & トップピック

    このカメラに付属している説明書はわかりにくい。 字数制限があるようで、足りない部分がある。 自分で補わなければならない部分もある。

    カメラの真正面にないものはぼやけ、照明も十分でないため、常にクリアな画像を得ることはできません。 この内視鏡は200万画素と謳っていますが、我々の観察ではVGAに近いです。 見えるものはせいぜい粒状で、色は洗い流されています。

    このスコープで一番不満なのはバッテリーです。 充電が必要なのは最大で10分程度です。 何を探しているのか、どこにあるのかを正確に把握し、バッテリーが切れる前に見る時間を確保することができます。

    プロス
    • ワイヤレス
    • CMOS HDカメラ
    • 200万画素
    • 調整可能なLEDライト
    • セミ・リジッドケーブル
    コンサ
    • ケーブルの剛性が低いので長距離は無理
    • 指示不良
    • 照明の明るさが十分でない
    • カメラの真正面にないものはぼやける
    • 200万画素の割に解像度が低い
    • バッテリーは10分しかもたない

    5.AttoPro WiFiデジタル内視鏡

    最新の価格を確認する

    AttoPro WiFi Wireless Digital Endoscopeは、HD解像度のカメラを搭載し、3つの異なる解像度設定で画像を向上させます。 また、暗い場所でもよく見えるように6つの調節可能なLEDライトが付属していますが、詳細を見るには十分な明るさではありません。

    このカメラは、コンセントに接続して使用するのが最も効果的です。

    特に、見るものから3~4センチ以上カメラを近づけると、非常に低画質になります。 それ以上近づくとピントが合わなくなり、ただでさえ鮮明でない画像がさらにぼやけてしまいます。

    ALSOです: 内視鏡とボアスコープってどう違うの?

    プロス
    • ワイヤレス
    • HDカメラ
    • 調整可能な6つのLEDライト
    • セミ・リジッドケーブル
    コンサ
    • 照明の明るさが足りない
    • ケーブルの固さが足りない
    • ワイヤレスがうまく機能しない
    • 低画質な写真
    • 被写体に近すぎるとピントが合わない

    バイヤーズガイド - Iphone用内視鏡の購入について

    考慮すべき点

    1.カメラヘッド:

    a. 画質

    VGA〜300万画素

    画質を重視する場合は、200万画素か300万画素のどちらかを推奨します。

    b. ウォータープルーフ

    どんな状況になるかわからない。 どんな状況でも準備しておくこと。

    2.コード

    a. 剛体

    必要な角度に曲げて保持できるような剛性の高いケーブルが必要です。

    b. 長さ

    コードの長さは、通常6フィート以上です。 スコープの使用用途を把握して、コードの長さを決めましょう。 長すぎるものは、管理が大変になることがあります。

    3.LEDライト:

    LEDライトは最も明るく、最高の光を与えてくれますが、写真によって必要な光量は異なります。 最高品質の写真を撮るために、調光スイッチのついたカメラを用意しましょう。

    • 関連する読み物 Android内視鏡のトップ5はこちら

    4.バッテリー

    a. 充電池は、長い目で見るとかなり節約になります。 充電間隔が長くなるように、500mh以上のものがおすすめです。

    b. エーエー

    関連項目: モッキンバードの種類12種類:概要(写真付き)

    5.フルHDディスプレイ

    あなたのイメージを、可能な限りクリアでシャープに表示します。

    結論

    内視鏡を購入する際の注意点をお伝えしましたが、ここでは、私たちがレビューした中で、あなたが気に入ると思われる5台をご紹介します。

    1.Foxnovo 10m 1080P Wireless WiFi Endoscope - トップピック

    2.ワイヤレス内視鏡「NIDAGE」(次点

    3.SUKEYのワイヤレス内視鏡検査カメラ ~ベスト・オブ・マネー

    4.BlueFireセミリジットフレキシブルワイヤレス内視鏡

    5.AttoPro WiFi ワイヤレスデジタル内視鏡

    内視鏡について、何を基準に選べばいいのか、十分な情報が得られたのではないでしょうか。

    Harry Flores

    ハリー・フローレスは有名な作家であり、光学とバードウォッチングの世界を探索するのに数え切れないほどの時間を費やしてきた情熱的なバードウォッチャーです。太平洋岸北西部の小さな町の郊外で育ったハリーは、自然界に深い興味を抱きました。そして、その魅力は、彼が自分でアウトドアを探索し始めるにつれてさらに強くなりました。教育を終えた後、ハリーは野生動物保護団体で働き始めました。そのおかげで、ハリーは地球上で最も辺鄙でエキゾチックな場所をあちこち旅して、さまざまな鳥類を研究し、記録する機会を得ました。彼はこれらの旅中に光学の芸術と科学を発見し、すぐに夢中になりました。それ以来、ハリーは他の野鳥観察者がその経験を最大限に活用できるよう、双眼鏡、スコープ、カメラなどのさまざまな光学機器の研究とテストに何年も費やしてきました。光学と野鳥観察に関連するすべてのことに特化した彼のブログは、これらの魅力的なトピックについてもっと知りたいと世界中から読者を惹きつける情報の宝庫です。彼の膨大な知識と専門知識のおかげで、ハリーは光学と野鳥観察のコミュニティで尊敬される発言者となり、彼のアドバイスと推奨事項は初心者から経験豊富な鳥観察者まで同様に広く求められています。執筆やバードウォッチングをしていないときは、ハリーはたいてい見つけられますギアをいじったり、家で家族やペットと時間を過ごしたり。